トレースアビリティ事業

トラストタグ

■開発ストーリー
弊社はAmazonに特化した転売/安売り/偽造品に対する対策コンサルティングを行なっております。
原則、悪質な転売業者の対応に成功しておりますが、日々悪質
転売業者の出品が絶えません。
また、
他モール(楽天、Yahoo!、Qoo10、メルカリなど)での対策におきましては、対応できる範囲に正直、限界がございました。

不正流通の特定や転売根絶のためには、流通の根本から管理制御をすることが必要であると考えました。
そこで日本流通管理支援機構株式会社(本社:東京都世田谷区)が提供するセキュリティタグを応用し、美容業界に最適化した機能を備えたトラストタグを導入いたしました。

QRコードの脆弱性
世に中に多くある流通管理に使われるQRコードで判定する仕組みではQRコードの内容を偽造、改竄されてしまいます。こういった理由からQRコードを隠した製品も存在しますが消費者は購入する迄確認が出来ず、またかくしても結局は偽物のQRだった為に正規品判定や流通管理の効果が無かったという声がよく聞かれます。
特許技術を用いたこの正規品判定ができるタグは既に全世界650社以上が採用しております。

■問題提起
さて、3点、ご質問がございます。
①お客様は、貴社の商品が本物であるかどうか、どのように判断されておりますでしょうか?
精巧に作られたコピー商品は、もはや外見で見分けがつきません。 また、昨今のEC販売の普及により匿名のサイトにて売られていることは珍しくありません。

②どの業者が不正を行っているか、特定できますでしょうか?
正規のルートで販売している代理店様の傍ら、不正に販売している代理店が存在すると、前者が損をし、後者が得をする、ことが起き得ます。正規のルートで販売していただいてる代理店様がしっかりと報われる体制を整えることは必要ではないでしょうか。

③シリアル管理/QRコードにおいてただのコストになっておりませんでしょうか?
従来の管理システムはどこまでいっても管理に止まります。その管理システムからマーケティングを行い売上を立てられるとしたらいかがでしょうか。ただの管理ツールだったものが広告宣伝ツールになります。

■トラストタグでの解決策
上記問題に対してトラストタグは3つの機能をもって解決いたします。

お客様に対しての真贋判定機能
ユーザー様が専用のアプリからトラストタグを読み込むことで真贋判定を行うことが可能です。

アプリにて即時に本物か偽物か判定することができ、ユーザー様に安心感を与えることができます。

 

②代理店様に対しての不正流通防止機能
クローズドの技術とアプリを使用することで流通経路を特定することが可能です。
全ての商品に重複しないナンバーを持つタグを貼る事で、1個単位で正確に管理し、どの注文で発送したものか?どこの国にあるのか?など 販路管理する事が出来ます。流通管理を無視した横流しや、契約を超え大幅な安売りで商品価値をさげたりする行為を防止します。
また、代理店様ごとに、出荷と受領の管理を数値化することで評価システムとしても活用いただけます。

③メーカー様に対してのクロスマーケティング機能
タグを読み込みいただいたお客様に対して商品説明やクーポンの発行などクロスマーケティングが可能です。
管理ツールにとどまらず、このタグからマーケティングを行うことで、さらなる販促が可能となります。
[ 事例 ]
・アップセル商品のご案内
・自社SNSへの誘導
・アンケートおよびプレゼントキャンペーン など

また、トラストタグはグローバルに対応しています。
日本だけで商品を販売していた時代は終わり、世界のお客様に向けて販売する時代になりました。 商品の使い方や注意点も日本語だけでは対応できません。広い空間といつでも書き換え可能な方法をご提供します。

[ 事例 ]
・多言語に対応した商品説明
・キャンペーン(あたりくじ)
・ユーザ登録
・各国の正規販売店
・リコール等
・新商品の案内(プッシュ通知)

 お問い合わせはこちら
https://rilish.co.jp/contact/

■関連記事
トラストタグの使用方法に関してはこちら